相続の問題は弁護士に相談すれば解決!手続きの方法もチェックしよう

Knowledge of alimony

相談してよかった!弁護士依頼のメリット&相続人のコト

相続の問題は弁護士に相談すれば解決!手続きの方法もチェックしよう

ジャッジガベル

手続きの流れについて

通夜、葬式、初七日を終えた後必要な書類を提出してから相続を開始します。適切に配分するためには、故人が生前書いた遺言書の有無を確認します。これで、相続人が誰なのかを知ることができます。相続放棄をする場合は、自身が相続人だと確認してから3ヵ月以内に手続きをしなければなりません。

弁護士

相続人の優先儒にを決める

一番優先されるのは、亡くなった方の配偶者です。その次に直系卑属の子供、親、兄弟姉妹となります。すでに死亡している場合は、孫、あるいは祖父母、甥姪が相続人となります。

スーツの人

遺産の量を把握する

相続可能な遺産を調査した上で、相続人が集まり財産を分ける協議に入ります。この場合、相続人全員の合意があれば、遺産分割協議書の作成を弁護士が行ないます。ちなみに、法定相続人が受け取れる遺産は民法で定められているものの、遺言書があればその通りに配分されます。

弁護士に相談してよかったことランキング

女性
no.1

スムーズに解決ができた

第三者が相続問題に介入することで、言い争いがすっかりなくなることもあります。また弁護士からの助言で、我に返ることこともあるのでスムーズに解決できるきっかけが作れます。

no.2

法的根拠に基づいて話ができた

莫大な遺産を目の前に行なう争いは本当に醜いものです。一般人は弁護士のように法のプロではないため、好き放題やられては困ります。大阪や埼玉などで活躍する弁護士に相談すれば、法に基づいて話をしてくれるため、より説得力が増します。

no.3

新たな問題を発見してくれた

相続の場合、我々が知りえない問題が隠されていることもあります。それを知らすに遺産相続するとまたトラブルを引き起こすでしょう。そんな見落としがちな問題を発見できるのも弁護士の強みです。

no.4

面倒な手続きがいらない

金額の大きい建物やお金の相続は、ややこしい手続きが多数あるため、自分たちで行なうのは時間がかかります。そのため、知識を要する手続きは弁護士にお願いします。

no.5

心強い

身内だけの話し合いは、お互いが納得しないと平行線のままです。話し合いの期間が長引いてしまうと精神的にまいってしまったり、体調を崩してしまったりする場合もあるため、力になってくれる弁護士がいると心強いです。

広告募集中